TRAVEL
TRAVEL

↑トップページ
Vol. 20・オーストラリア(ケアンズ)
熱帯雨林とサンゴ礁 、山に海に、そして空中からも。
世界遺産の自然を満喫の旅

オーストラリアのケアンズへは成田を夜に出て、早朝に到着。仕事を終えてから飛行機に乗れば、目が覚めるとそこは南半球。日本人にも人気のディスティネーション、豊かな自然を誇るクイーンズランド州のケアンズとゴールドコーストの旅を2回に分けてご紹介します。まずはケアンズ編。

熱帯雨林、マングローブの川にはワニ
しめ殺しイチジクにちょっと待っての木

オーストラリアは、16の世界自然遺産を持つ国。スケールの大きな自然のなかでアドベンチャーいっぱいの旅が出来ます。到着した日の午前に早速「Crocodile Explorer」という、船で入り江を進みワニ園を見に行くツアーへ。海からの塩水と真水が混じる川には、マングローブのうっそうとした林が育ち、ワニがいます。こうした川にいるワニの乱獲を防ぐために、繁殖用ワニを育成しているのがワニ園。バッグなどに皮が使われるのは2〜4歳の子ワニ。それでも1メートル以上あるワニが養殖エリアにはトカゲのようにうじゃうじゃいます。エルメスのバーキンだと、柄を合わせるのに15枚のワニ革が必要なのだそう。
さて、港に戻り、今度は熱帯雨林の散策にキュランダ村方面へ。自然のテーマパークRainforestationでは、カンガルーやコアラなどの動物やアボリジニの文化に触れたり、水陸両用車で熱帯雨林に分け入ったりと、体験型のアクティビティが楽しい。ランチは、ステーキやチキンのグリルなどブッフエが充実しておすすめです。 テーマパークを後にして、世界遺産の熱帯雨林を空から眺められるゴンドラSkyrailへ。途中の駅に遊歩道があって、レンジャーの方の解説付きツアーもあります。日本語が話せる方も。大木になんだかツルのように巻き付いている植物の名はなんと「しめ殺しイチジク」。鳥の糞から種が木の上に落ちて根を張り、やがては元の木を乗っ取って殺してしまうというなんとも恐ろしいイチジクなのです。そのほかにもツルが他の木に引っかかって伸びていく「ちょっと待っての木」やら、熱帯雨林を生き抜いていくための独自の植物があちこちに。解説してもらうと面白さ100倍でした。
ホテルに戻ってホッと一息。泊まったホテルは「シャングリ・ラ ホテル ザ マリーナ ケアンズ」。その名の通りマリーナのまん前で、バルコニーからもマリーナ一望。ロイヤルウェディングの2週間前にウィリアム王子が宿泊されたそう。ホテルのカフェ・ダイニングはじめ地元で人気のレストランが隣接していて、マリーナを眺めながらの食事にも便利。

宇宙からも見える海のきれいさ
グレートバリアリーフでのアドベンチャー

翌日は、世界自然遺産のグレートバリアリーフへ。「Great Adventures 」ツアーの高速船は、ダイビングなどの拠点ポンツーンへ向かう途中にグリーン島にも寄ります。ちょっと島内をお散歩、再び船に乗り込んでポンツーンに到着。いよいよシュノーケリングで海へ。ナポレオンフィッシュにエンゼルフィッシュ、これだけでも十分に海を満喫できますが、ダイビングはもちろん、ヘルメットをかぶってそのまま海中バイクで走るスクーバドゥなんていうアクティビティも。
 そして、締めくくりはヘリコプターに乗って、空から見るグレートバリアリーフ。サンゴ礁広がる海は日本列島が入ってしまうという大きさ。そして宇宙からも見えるという美しい海が一望できるのは、空中からならでは。

オーストラリアらしい雄大な風景
熱気球飛行で見る緑の大地

翌朝は朝4時前に起きて、ケアンズで最後のアドベンチャーへ。それは、Hot-airが催行する熱気球の旅。早朝出発なのは風が安定した時間に飛ぶため。朝焼けの中、大地を見下ろしてゆったりと。どこまでも広がる畑や森、オーストラリアの雄大な自然が一望できます。ホテルに戻って、最後にマリーナの前のテラスで朝ごはん。フレッシュなベリーのジャムがのったパンケーキは、このシャングリ・ラのカフェ・ダイニングのご自慢とか。海に山にそして空に、ケアンズの自然を満喫して、次の目的地ゴールドコーストへと向かいました。

シャングリ・ラ ホテル ザ マリーナ ケアンズ
Crocodile Explorer
Rainforestation
Skyrail
Great Adventures
GBR Helicopter Group
Hot-air
トラベル・ソムリエ
小野 アムスデン 道子
Profile
ロンリープラネット日本語版(メディアファクトリー刊)20タイトルを編集。自身の数多い海外への旅から、バリューのある楽しみ方を提案。日本旅行作家協会会員。
取材・執筆・講演の依頼はこちらから→

オーストラリアの旅のヒント満載
テーマ別情報や体験談が面白い
オーストラリア政府観光局の公式サイトは、アクティビティや目的別に分かれた旅のアイデアがいっぱい。情報だけでなく、実際にオーストラリアに行った人の体験を通してのオススメが掲載されているのも参考になります。
http://www.australia.jp

クイーンズランド州にフォーカスした
詳細なエリア情報が参考になる
クイーンズランド州政府観光局の公式サイトは、ケアンズやグレートバリアリーフ、ゴールドコーストなど州内の詳しいエリア情報を掲載。地図やiPhoneアプリなどのトラベルツールも充実。
http://www.queensland.jp/


Back Number
Vol. 26| 英国
Vol. 25| 台北
Vol. 24| パリ
Vol. 23| タイ(プーケット)
Vol. 22| ロンドン
Vol. 21| オーストラリア(ゴールドコースト)
Vol. 20| オーストラリア(ケアンズ)
Vol. 19| シンガポール
Vol. 18| ジラ(ワシントン州)
Vol. 17| マカオ
Vol. 16| バリ島
Vol. 15| ハワイ(オアフ島)
Vol. 14| 香港(Part 2)
Vol. 13| スコットランド
Vol. 12| マレーシア
Vol. 11| 揚州・蘇州
Vol. 10| チェンマイ(Part 2)
Vol. 09| ポートランド
Vol. 08| ウィスラー
Vol. 07| 香港
Vol. 06| チェンマイ(Part 1)
Vol. 05| バンクーバー(Part 2)
Vol. 04| バンクーバー(Part 1)
Vol. 03| シアトル
Vol. 02| タイ
Vol. 01| ハワイ

プレスリリース会社概要プライバシーポリシー
2017. powered by in-store media co., ltd.